資料請求TOP

     
For You  あなたのために  With You  あなたと一緒に 

    生命保険用診断書作成支援システム
       
  概要
 
    レセコンのデータ(患者情報、傷病名・手術情報、通院暦)を利用して、診断書を簡単に作成できます。

日医標準レセプトORCA、電子カルテDynamicsに関しては直接データを参照して作成可能です。
MEDICOMや各社電子カルテに関しては、レセ電算データを利用して作成可能です。
 
       
       
  特徴
 
  レセコンや電子カルテから患者情報・傷病名・手術・通院情報を参照して作成が可能です。  
   
 対応レセコン(日医標準ORCA、電子カルテDynamics)  電子カルテは、レセ電算データを利用。  
 
       
  複数社分を1回の入力で作成可能です。  
   
 一度の入力で複数社の入院手術証明書やがん保険入院証明書を作成可能です。
 
       
  データの入力は、定型句や使用実績から選択や直接入力で、簡単に作成できます。  
   
 過去に作成に入力した文章データは簡単に再利用可能です。。
 
       
  複数のパソコンでデータを共有可能です。  
   
 LANで接続されたPCでデータを共有できますので、複数の職員で分担して処理が可能です。
 
       
  複数生命保険会社の診断書書式をサポート  
   
 平成26年12月現在、アフラック、第一生命、日本生命、明治安田生命、住友生命、郵貯かんぽ、朝日生命、メットライフアリコ、ジブラルタル、ソニー生命、太陽生命、アクサ、アクサ、東京海上日動、富国生命、NKSJひまわり、ブルデンシャル、三井生命、三井住友あいおい生命、大同生命、オリックス生命、マニュライフ、JA、ライフネット、全労災、AIU、AIG富士、メットライフ、楽天、警察共済、教職員、自治労 ※順不動 分  30社の43様式が作成可能です。
 
       
  作成画面のサンプル  
     
 診断書データ入力画面です。

 
 
       
  帳票のサンプル  
   
本システムで作成した入院手術証明書です。
ここをクリックすると、別ウィンドでPDFファイルが表示されます。
 
       
  生命保険用診断書作成支援システム   

基本システム      お問合せ下さい    1台のPCで運用可能です。

追加ライセンス     \20,000円+消費税/1PC毎   ※大量購入の場合は、ご相談に応じます。      
 
       
       
       
  動作環境・その他
 
  Windows  Windows7 / Windows8  / Windows10   
       

                                                             ページ の先頭へ